アレルギーとは

アレルギー治療トップ スポンサードリンク

アレルギーとは

花粉症を中心として、何らかのアレルギー、アレルギー性疾患を持っている人は日本人の3割にも達するといわれています。

花粉症は、よく知られているように体内にスギなどの花粉が侵入したときに人体の免疫反応が過剰に出てしまう現象です。鼻炎や目のかゆみ、皮膚炎を起こします。


このようにアレルギーを起こす物質のことを、アレルゲンと言います。アレルゲンは花粉の他にもダニ、カビ、ペット、食物、気候など人によってさまざまです。その症状も、ぜんそく、鼻炎、皮膚炎、結膜炎を中心に多種多様です。

アレルゲンだけでなく遺伝的な要素が、強く関係する小児性の気管支ぜんそくや、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患も存在します。

アレルギーのことをよく知らずにアレルゲンを取り込んでしまうと、アナフィラキシーという強い過敏症が出て呼吸困難や意識障害など危険な症状を見せる場合もあります。

このようなことを防ぐためには、アレルギーの原因をしっかりと調べ、予防策を練っておくことです。
アレルギー検査は、アレルギーを引き起こすアレルゲンを特定することを目的として行います。

アレルギー検査は、病院で受けることができます。具体的には血液検査や皮膚テスト、食物アレルギーや金属アレルギーなど、特定の食物や物質を割り出す誘発テストなどを行います。

アレルギーは普段の生活で接するものや現象から起きてしまいます。原因を明らかにして、生活習慣を見直すことが大切です。間違った認識で対応すると効果が出なかったり、根本的な解決には至らずその場しのぎの対処となってしまうのです。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★sanfax.net
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。