花粉症の対策

アレルギー治療トップ スポンサードリンク

花粉症対策と鼻うがい

花粉症対策には鼻うがいが良い・・・さまざまなメディアでこのような話を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、実際にやっている人は少ないのではないでしょうか。鼻でうがいという作業に、どうしても抵抗があるのでしょう。


鼻から水を入れることに抵抗がある、という理由はもっともなのですが、鼻水や鼻詰まりを改善する効果は期待できます。ここでは鼻うがいの方法を紹介します。花粉症でお悩みの方は一度体験してみてはいかがでしょうか。


<鼻うがいの方法>

まず、鼻うがいに使用する塩水を用意します。塩水は体温と同じ温度のぬるま湯100ccに1グラムの食塩を混ぜます。このとき、食塩が完全に溶けるようにしてください。また、味塩だと十分に効果が出ないことが分かっています。

次に、鼻に食塩を注入するための注射筒(10ccが入るもの)を用意します。注射筒とは、針がない注射器の形をしたものです。注射筒がない場合は、コップなどで代用します。

注射筒を使い、鼻に塩水を注入します。まず顔を左右どちらかに傾け、0.5cc程の少量の塩水を注入します。顔を少し後ろに倒し、塩水を鼻の奥に流し込みます。鼻の奥まで流れたら、顔を元に戻し塩水を鼻から出します。塩水を出すときは鼻をかんだりせず、ゆっくりと流しだしてください。
※顔を後ろに倒しすぎたり、塩水が耳に流れないように注意してください。

この作業を2?3回繰り返したら、反対側の鼻孔も同様に行います。

以上が鼻うがいです。意外と簡単に、違和感なくできそうだと思いませんか?流す水は少量でよいのです。慣れてきたら水の量を増やしたり、回数を増やしてみてください。


鼻うがいは花粉症だけでなく、風邪やインフルエンザの予防にも効果があります。
インフルエンザにかかると自己管理能力を問われるような風潮もありますし、積極的に行いましょう。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★sanfax.net
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。