花粉症の対策

アレルギー治療トップ スポンサードリンク

花粉症対策~アレルギー体質と食生活

花粉症になりやすい体質、すなわちアレルギー体質というのは遺伝的な要素が強いのですが、これ以外に日々の食生活も体質に関係しているのです。

アレルギー体質になりやすい食生活とはどのようなものでしょうか。ご自身の食生活と比較してみてください。


1.から揚げ、天ぷらなどの揚げ物やカレー、グラタンなど油分を多く含むものを食べる
2.ご飯よりもパンを食べる回数が多い
3.和食より洋食が多い
4.外食が多い
5.糖分が多いデザートやお菓子などのおやつをよく食べる
6.野菜をあまり摂らず、たんぱく質を多く摂る
7.ご飯が少なくおかずが多い

いかがでしょうか?野菜が大事であり、和食が良いという傾向があるのが分かります。油分を抑えるよう揚げ物は極力避け、野菜を食べる時にもマヨネーズではなくノンオイルのドレッシングを使いましょう。

糖分のとりすぎも良くありません。間食は控えるよう気をつけましょう。


卵や豆類などのたんぱく質も体に必要な栄養素なのですが、偏ってしまうと悪影響を与えてしまいます。たんぱく質は食物アレルギーのアレルゲンにもなりやすく、アレルギー体質の人が多量に摂ることは控えたほうがよいでしょう。たんぱく質は野菜と一緒に、バランス良く摂るようにしましょう。

アレルギー症状を緩和させるには、魚の油が良いということも紹介しておきます。EPA(エイコサペンタエン酸)という成分がアレルギー症状を和らげる役割をしているのです。EPAを多く含む魚は、マグロ・ブリ・サバ・イワシ・サンマ・ウナギ・サケなどです。

これらの魚の刺身と野菜を用いたサラダを作れば、多くの野菜も同時に摂れてアレルギー体質改善には大きな効果があるメニューとなるでしょう。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★sanfax.net
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。